供養する

どんな方にもいつかは最期が訪れます。どのような理由であったにしろ、生前の感謝と以後の安らかな眠りを祈るために、私たちは供養を行うのです。故人を偲ぶ思いを込めて行われる供養にはさまざまな形があり、仏教やキリスト教といった宗教、また例えば仏教の中の宗派などによって違いの大小はあれど、安らかに旅立ってもらうための葬儀や残された者の気持ちを伝えるお参りは、どのようなときでも欠かさずに行いたいものです。

宗教・宗派によって葬儀の形にもさまざまあり、また線香を使用するか否か、そして葬儀後の供養はお墓を作るのか諸事情で納骨堂を選ぶのか、考えるべきことが供養にはたくさんあります。要は気持ちであるため近年は頑なに形式を固持する向きは和らぎ、そのために納骨堂のような形式も普及してきましたが、もし信心している宗教や代々受け継いできた宗派があるのなら、それに従いたいものです。線香の上げ方1つにしてみてもその宗派によって違いがあるため、その扱いもしきたりを踏襲することで故人への手向けとなります。

現代の私たちの生活様式や家族構成の変化によって、必ずしも昔ながらのしきたりに沿うことが難しくなってきました。その流れによって供養の形も変わりつつあります。線香の作法に関しても葬儀の上げ方や納骨堂の使用に関してもしかりです。それは決して悪いことではなく、その変化は自然ともいえますが、やはり根底には守っていきたいものが必ずあります。それが最低限のしきたりであるはずです。

あまり堅く考える必要はありませんが、やはり供養の気持ちとして知っておきたい線香の意味、葬儀の方法、そして納骨堂の使用方法などがあります。

OUT LINK

線香を購入するならこちら!|お線香の昌祐堂
想い出の海に散骨したいという方に|マイレ
葬儀で信頼のある宇都宮の|アイ企画